製品紹介

【製品紹介】

利便性・バランス性・軽量化を追求して生まれた犬用車椅子です。デザインはF1マシンをイメージしております。ワンちゃんの体のサイズに合わせて、1台ずつオーダーメイドいたします。車椅子の重さはsサイズで800~900g程度となります。

【専用ハーネス】

車椅子とワンコとの連結用に専用ハーネスを付属しています。 市販のハーネスを改造して作製しているため、 ワンコへのフィッティング性バツグンです。 リードも取り付けできますので、急に走りだしても安心です。 歩行器から外して、散歩用のハーネスとしてもご使用いただけます。

【タイヤ】

タイヤには樹脂製(EVA樹脂)の軽いタイヤを使用しています。 また、タイヤにはボールベアリングを1つのタイヤにつき 2個使用しておりますので動きがとてもスムーズで ワンコへの負担を減らします。 ステンレス製のベアリングなので雨の日や洗車で濡れても 錆びにくいようになっています。タイヤはすり減ってきても交換ができるようになっています。

【高さ調整】

寸法の測定誤差やワンコの成長による高さ変更が 1.0cm間隔で手軽にできる構造となっております。 初期の高さから±数cm程度の高さ変更が可能 ※ワンコの体の高さにより高さ変更可能量が多少前後します。
(Sサイズ:±1.0~2.0cm 程度)
(Mサイズ:±3.0~4.0cm 程度)
(Lサイズ:±4.0cm)

【排泄】

車椅子を装着しているときにおしっこやうんちをだしても、 車体が汚れないようにパイプの位置を逃がした形状にデザインしています。 男の子♂でも女の子♀でもどちらでも使用可能です。もし汚れたとしても錆びない材料を使用していますので、問題なく洗車していただけます。

【足吊りベルト】

足の麻痺がひどく歩くことができないワンコ用に吊り輪をつけています。足が地面にこすらないように 吊り輪で足を持ち上げて使うことができます。マジックテープでひっつけるようになっていますので簡単に装着でき、吊り下げる高さも自由に調整できます。また、軽い麻痺のワンちゃんには歩くリハビリとして歩行器を使用できます。

【着座部】

ワンコを車椅子に乗せる着座部にはやわらかいゴムの輪を使用しているため、股をいたわります。 ワンコの足周りのサイズに合わせて輪の大きさを調整します。

【塗装】

車椅子の色は、パイプ部はカッティングシートによる塗装となります。光沢があり、きれいな色合いです。
※グレー色のジョイントは材料そのままの色です。(塗装はしておりません)

4輪Aタイプ(前輪キャスター式:直径5cm)

前足が弱くなってきたけど、胸を支えてあげればまだまだ歩けるワンちゃん用です。2輪タイプに対して、前輪と胸ベルトを追加したタイプです。 前足を動かして使いたい場合は、Aタイプがオススメです。 前輪はキャスター式ですので、ワンコ自らで方向転換が可能です。屋内や舗装された道でご利用になれます。前輪の高さ調整も可能です(3段階)。将来的にBタイプへの改造も可能です。

Tips

最初は2輪で車椅子を製作して、将来前足が弱くなってきたら4輪タイプへ改造することができます。
4輪Aタイプ(前輪タイヤ式:直径15cm)

Aタイプの前輪を大きい固定タイヤにしたタイプです。田んぼ道や芝生で使用される方にオススメです。 タイヤが固定となりますので、かじ取はリートでひっぱってサポートしてあげてください。

4輪Bタイプ

4輪Aタイプに対して、前足の部分にも後足と同じゴム輪を追加したタイプです。 前足も弱くなり、前足を引きずってしまうワンコや、両手足マヒのワンコ用です。 体を車椅子にのっけるようなイメージとなります。首の力も弱くなっている子にはアゴ置き台を追加します。

(オプション)アゴ置きバー

DMや老衰により首の力が弱くなってしまうワンコ用の頭を支えるパーツです。アゴを乗せて使用します。 バーの上にクッションなどを巻いてあげて使用してください。

(オプション)手押しバー

車椅子を人が押しやすくしたい場合に取り付けます。ネジでの固定となりますので、外したい場合はネジをプラスドライバーで外してください。